正直につくる木の家
by hinosumika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
木の家をつくりたい
カテゴリ
全体
現場
展示場
見学会
会社の事
家具
食べもの
植物
勉強会
その他
イベント
OM
探検ラボハウス
U
インターンシップ
株式会社 小林建設
フェイスブック
コバケンの日々の
様子を載せています。

小林建設HP
最新情報はこちらから

本社・
展示場<コバケンLABO>
埼玉県本庄市
児玉町児玉2454-1
TEL:0495-72-0327

高崎展示場
群馬県高崎市
下中居町233-11
TEL:027-350-5471

本庄展示場
エコショップひのすみか
埼玉県本庄市
小島南2-4-19
TEL:0495-23-2232
ひのすみか便り
展示場雑貨ショップブログ


コバケンのお客様
びっきっぱ
倉渕パン工房 湧然
夢みるぱさり
あさみ珈琲豆屋さん
ヒノデカニ商店
petit couture
農所 台所 farm&kitchen
とまとや
薪ストーブのある家

おすすめ情報
ファイヤーライフ藤岡

最新の記事
ブログが新しくなります。
at 2015-03-09 20:31
鬼瓦で鬼面表札
at 2015-03-07 21:30
現場会議
at 2015-03-06 23:13
3月になっても続くよ建方は・・・
at 2015-03-04 22:31
ひな人形は鴻巣市と勝浦市、ど..
at 2015-03-03 18:53
最新のコメント
先日はお電話出来なくてす..
by かねDON at 01:38
だから入り口が窪んでいた..
by かねDON at 01:29
もちろん「べた基礎」です..
by hinosumika at 20:06
あれれ?ベタ基礎ではない..
by かねDON at 04:02
>>かねDONさん ..
by hinosumika at 19:21
明けましておめでとう御座..
by かねDON at 01:36
ありがとうございます。安..
by hinosumika at 21:09
伊香保温泉日本の名湯!!..
by hinosumika at 20:54
かねDONさん 今..
by hinosumika at 07:48
OMは築3年くらいから本..
by かねDON at 20:11
以前の記事
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...
フォロー中のブログ
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
三代目のダイアリー
吉田工務店 5秒クラブ
現場監督って
駿河木の家日記 sur...
平野部屋
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
八ヶ岳、家つくり日誌
ZAISO-TIMES
駿河工房の工具箱
J.HAUS_BLOG
エコショップひのすみかだより
brookstudio ...
jungle berry
山梨県北杜市明野の宿 ナ...
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
構造材の継手について
木造の構造物を作るうえで必要になってくるのが継手と仕口です。

継手とは木材の長さを増すために材を継ぎ足す部分または方法を言います。 (2つの材をつなげて、1本の材として使う または十分な長さの材木がないときに使われます。)

仕口とは2つ以上の材を、ある角度に接合することいいます。 (例:土台と柱のつなぎ目や、梁と桁のつなぎ目など、各部材を組むときに使われる手法です。)

今回は継手の模型があるので少しお話をしてみます。

構造材は1本物の材を使うことが、材木本来の強度を保つことができ理想ですが、材料の運搬や建前などから継手をどうしても設けなければならないことがあります。
そういうときに継手が使われますが、できるだけ引張りに効く継手が使われます。 (圧縮では木材同士がぶつかり合ってお互いに押し合う力があり離れないからです。)

建て方の時などによくみていただくとわかると思います。

現在は加工精度や作業効率を考えてプレカットにより継手や仕口を加工することが多くなってきていますが、今でも大工さんが歴史と経験に裏付けられた細やかな仕事を手刻みですることがあります。

コバケンにある継手の模型です。
a0103426_2147559.jpg
     腰掛鎌継(コシカケカマツギ)といいます。
a0103426_2047273.jpg
     分解したところです。加工のしかたは違いますがプレカットでよく使われています。


a0103426_2048525.jpg
    金輪継(カナワツギ)です。
a0103426_20484674.jpg
     複雑な加工になっていてプレカットでは加工できません。 


a0103426_20495622.jpg
     車知栓継(シャチセンツギ)といいます。 ―車知栓とは木材の継ぎ目を補強するために打ち込む木の栓をいいます。―
a0103426_20504396.jpg
     大工さんの細やかな手刻みで出来上がります。 木のパスルみたいです!


材木はただの木の棒ではなく、ちゃんと裏表や上下がありそれぞれ個性があり、おかれた環境によってさまざまに変形します。
それをふまえたうえで木の性質を見極めながら大工さんが刻みを入れることで強い構造につながります。

写真では3種類しかお見せできませんでしたが、継手の種類は40種類以上もあり木材の特性をよく活かし、複雑で巧妙なディティールで考え出されていて、めり込み強度とせん断強度を 強度のバランスに基づく形状と寸法、そして組立後の収縮、そり、曲がり、ねじれ等に対応して実によく考えられています、また見た目に実際の複雑さを見せない工夫もなされているそうです。

これらは伝統木造建築物では現在も使われています。(寺院や仏閣などで宮大工さんが伝統的手法で行っています。)
奈良や京都の寺院に行ったときには気にしてみるようにしています。

こんなことを考えながら現場で使われている継手や仕口を見てみるのもおもしろいと思います。


                                        工事部 村 井  隆

           ◆◆小林伸吾が「木の家をつくりたい」を出版しました◆◆

a0103426_22314185.jpg自然がイイ。地元がイイ。
だから、地域の材で木の家をつくりたい。
「木の家」づくりを考える方に、自然素材の魅力と施工に関する注意点をなどをわかりやすくまとめました。

※社長コラムで出版秘話を公開中!!

3/13記事 「木の家をつくりたい」を出版しました!(1) 
3/23記事 「木の家をつくりたい」を出版しました!(2) 
3/25記事 「木の家をつくりたい」を出版しました!(3) 
3/27記事 「木の家をつくりたい」を出版しました!(4) 
4/17記事 「木の家をつくりたい」が上毛新聞読者…
                ※コバケン日記でも紹介しました
                3/13記事 「木の家をつくりたい」
発行:日本建築出版社
出版:アスペクト
定価1,890円


・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・…・……
・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・…・……

   ◎本庄展示場・エコショップひのすみかの営業時間が、4月1日より変わりました
        <営業時間> 
           平日  12:00~17:00
           土日祝 10:00~18:00
           水曜定休
   平日の終了時間が1時間早くなっております。
   ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。詳しくは
こちらをご覧下さい。  

・……・★★小林建設 イベントのお知らせ★★・……・……・……・……・……・……・……・  
   
   ◆7/3(土)           ひのすみか 野菜ソムリエのベジフル講座
   旬の野菜・果物をおいしく食べてカラダの中からキレイに。じゃがいもの食べ比べ
   グレープフルーツのジュレ、フレッシュジュースの試飲など内容盛りだくさんです。
   ◆6/19(土)・20(日)     埼玉県深谷市 完成見学会
   素晴らしい自然景観に囲まれたOMソーラー+薪ストーブの家。外壁は全て無垢の
   板張りで仕上げました。お施主さまのこだわりが随所に感じられるお住まいです。
   ◆6/12(土)           ひのすみか 陶芸教室
   毎回人気の陶芸教室。自分の思い描く作品を、先生に指導頂きながら作り上げま
   す。制作後は先生の奥様がつくる天然酵母パンのティータイムをお楽しみ下さい。
   ◆6/3(木)~20(日)     ひのすみか 父の日フェア
   私たちのためにお仕事をがんばってくれるお父さん。ほっと安らげるものやオフの
   日をおしゃれに彩るものを父の日の贈り物に。☆期間中はラッピング無料です。
   ◆5/30(日)           群馬県高崎市 構造見学会
   完成見学会では隠れてしまう床下や壁内部は、実は住宅にとって1番大切で、私
   達が1番見てほしい部分です。上棟後1ヶ月経った現場をお借りして開催します。
   ◆5/15(土)~31(月)    ひのすみか3周年記念フェア
   リニューアルから3年、今日のショップがあるのは皆様のおかげです。感謝の気
   持ちと、これからもよろしくお願いします、という思いをこめたフェアを開催します。   

・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・……・…… 

by hinosumika | 2010-05-17 21:45 | その他 | Comments(0)
<< 今日までそして明日から 春の山・バスツアー >>